怪獣万歳!

muho2’s diary

小説を書いて暮らしている大倉崇裕です。怪獣が3度の飯より好きです。

落語

柳家小三治 千早ふる

追悼の意味を込めて放送された、2012年の高座。10年前だけれども、びっくりするほど若い。登場人物は2人だけで、しかも聞き慣れている噺なのに、どうしてこんなに面白いのか。ボケとツッコミの場合などは、やっぱり先代小さんの味があって、本当に聞き心地が良い。それにしても話を最後まで聞いても、千早ふるの本当の意味は語ってもらえない。当時の人にとっては、それほど当たり前のものだったのかもしれない。

 

dot.asahi.com