怪獣万歳!

muho2’s diary

小説を書いて暮らしている大倉崇裕です。怪獣が3度の飯より好きです。

吹替えの結末

 故小池朝雄さんが声優を務めた米の名作ドラマ「刑事コロンボ」の日本語吹き替え版で、長く紛失していた一部音源が見つかり、オリジナルどおりNHKが再放送することになった。視聴者からNHKに過去の放送を録画したビデオテープが届き復活。85年の小池さんの死後、旧シリーズ最終作(45話)の「策謀の結末」だけ吹き替え音源がなくなり、別の俳優が務めて放送していた。

 「うちのカミさんがね…」。ピーター・フォーク(82)演じる刑事コロンボを愛きょうたっぷりに吹き替えた小池さんの声で、シリーズの中でも名作中の名作がよみがえる。

 米NBCが68〜78年に放送した旧シリーズ全45話は、72〜79年にNHKで放送。ところが、小池さんが54歳で亡くなってから、45話だけが行方不明になっていた。このため02年にDVD化された際には、89年からの新シリーズでコロンボの声を引き継いだ石田太郎(66)が務めた。

 発売当初のDVDには、「小池朝雄」と誤った表記で流通、後に「石田太郎」と正しく変更したエピソードもある。ファンのサイトにも「最終巻が小池朝雄(さん)版ではないっ!なんでこうなるの!?」と書き込まれ、音源紛失を惜しむ声が上がっていた。

 NHKは昨年1月からBSハイビジョン(金曜後10・00)、昨年10月から衛星第2(木曜後9・00)で旧シリーズ、新シリーズ計69話の放送を開始。視聴者からこのほど、87年5月に日本テレビで再放送された「策謀の結末」を家庭用のビデオで録画したテープが寄せられた。技術局の音声担当者が確認したところ、保存状態が良く、放送可能な状態だったため、NHKで石田バージョンを小池音声に差し替えた。

 復活した小池音声はBSハイビジョンで6月11日、衛星第2でも今年9月に放送する予定。同局編成局ソフト開発センターの柴田幸裕チーフ・プロデューサーは「小池氏の音声で“策謀の結末”を放送できてうれしい。多くの方に楽しんでほしい」としている。

 

  • 実にめでたい。石田太郎氏の声ではダメ、というわけではないけれど、やっぱり旧シリーズは小池朝雄氏で揃えたい。
  • 昨夜は「殺しの序曲」と並ぶマイベスト「仮面の男」を放送。堪能した。